地下鉄あびこ駅より徒歩1
06-6115-7064
院長ブログ
インスタグラム
   ライン

大阪市住吉区あびこ駅前の肛門外科

ピロリ菌検査

Medical

ピロリ菌検査・除菌法

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)について

ピロリ菌が近年、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎や慢性胃炎の原因であることがわかり、除菌法や胃薬の発達と2013年よりピロリ菌除菌の保険適応により、胃・十二指腸潰瘍は減ってきております。
かつて胃潰瘍・十二指腸潰瘍は難治性の病気であり、胃薬も今ほど種類が少なく効果も乏しため、潰瘍を繰り返したり、出血や穿孔を起こすと、胃切除手術をされていたものです。
近年はガン病変でなく、よっぽどのことでなければ寮生病変での胃・十二指腸潰瘍で胃切除されることは少なくなりました。
胃がんの発症原因の多くは慢性炎症によるためで、その多くがピロリ菌感染によるものと知られております。
ピロリ菌を除菌したからといって、今後胃がんにならないわけではありません。慢性胃炎(萎縮性胃炎)になっている場合は胃がんの発症リスクあるので、定期的に胃カメラ検査はお勧めします。

 

 

ピロリ菌検査法

1.尿素呼気試験
13C-尿素を含んだ検査薬を飲む前後に容器に息を吹き込んで呼気を調べる検査です。ピロリ菌の産生するウレアーゼが胃内の尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解することを利用し、呼気中の13C-二酸化炭素の増加を測定する方法です。体への負担がなく、かつ精度も高い検査法です。当院の除菌効果判定で行います。

 

2.便中H. pylori抗原検査
ピロリ菌に対する抗体が、生きた菌だけでなく死菌なども抗原(H. pylori抗原)として認識し、特異的に反応することを利用し、便中H. pylori抗原の有無を判定します。体への負担が全くなく本菌の存在を判定できます。当院の除菌効果判定で行います。

 

3.血中・尿中抗H. pylori IgG抗体検査
ピロリ菌に感染すると、本菌に対する抗体が患者さんの血液中に産生されます。血液や尿を用いてこの抗体の量を測定し、ヘリコバクター・ピロリ抗体が高値であれば本菌に感染していることが認められ、ヘリコバクター・ピロリ感染の有無を検索するスクリーニング検査です。除菌後の抗体価低下には1年以上かかるケースがあるので、除菌後すぐの効果判定には通常行わず、ABC検査で行われることが多いです。

 

4.胃カメラ検査
胃カメラの際の胃粘膜の所見より判定します。発赤、白色粘液の付着、ひだの肥厚などピロリ菌感染を疑う所見を確認します。

 

5.病理組織学的検査
内視鏡にて胃から摘み取ってきた粘膜の一部を HE(ヘマトキシリン-エオジン)染色あるいはギムザ染色、免疫染色により染色し、顕微鏡で直接ピロリ菌がいるかを観察する方法です。培養不能でウレアーゼ活性ももたない coccoid form(球状菌)の状態でも診断できるという長所があります。

 

6.迅速ウレアーゼ試験 (rapid urease test, RUT)
尿素とpH指示薬が混入された検査試薬内に、内視鏡時に胃粘膜より摘み取った組織を入れます。胃粘膜にピロリ菌が存在する場合には、ウレアーゼにより尿素が分解されてアンモニアが生じます。これに伴う検査薬の pH の上昇の有無を、pH指示薬の色調変化で確認します。陽性なら黄色の試薬がピンク色に変色します。

 

7.培養法
内視鏡の際に胃粘膜の一部を摘み取り、その組織から菌を分離培養することにより、ピロリ菌の存在を確認します。この検査法の長所は菌株を純培養し入手できる点であり、この菌株を薬剤感受性 (MIC) 測定や遺伝子診断など他の検査に利用することができます。

※ABC検査(胃がんリスク検査)はピロリ菌感染の有無を調べる検査(血液中のピロリ菌抗体を測定)と萎縮性胃炎の有無を調べる検査(血液中のペプシノゲンを測定)を組み合わせて、あくまでも胃がんになりやすいか否かのリスク分類をするものです。この検査は保険適応がなく、自費検査となります。

 

 

除菌治療の対象者となる方

・胃潰瘍、十二指腸潰瘍(瘢痕)
・胃 MALT リンパ腫
・早期胃癌と診断され内視鏡的粘膜切除後
・特発性血小板減少性紫斑病
・ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎(2013 年 2 月 21 日~)

※胃カメラで胃炎の有無の確認が必要

 

ピロリ菌感染尿素呼気試験や血中・便・尿中・尿中の抗体・抗原検査でピロリ菌感染があると診断された場合、すぐにピロリ菌の除菌をすることはいたしません。
通常、胃バリウム検査で慢性胃炎などの異常所見にてピロリ菌感染が疑われる場合や胃の症状があれば、内視鏡検査を行います。
その内視鏡の胃の所見でピロリ菌感染に特徴的な胃炎がある場合、胃の粘膜の生検を行い、病理組織検査や培養法・迅速ウレアーゼ試験で確認いたします。
胃粘膜にピロリ菌の存在が確認され、さらに胃炎の程度や上記疾患の対象を確認し、ピロリ菌除菌を検討します。抗生剤2種類と胃酸を抑える薬を内服するため、薬アレルギーの有無など確認し、除菌を決定します。

 

 

ピロリ菌除菌法

ピロリ菌除菌は強力な胃酸を抑える胃薬(プロトンポンプ阻害薬:PPI)と2種類の抗生物質(アモキシシリンAMPC・クラリスロマイシンCAM)を1週間(7日間)内服し、胃の粘膜にいるピロリ菌を退治します。
1次除菌の成功率は約90%以上期待できます。
1次除菌で成功しなかった方が、抗生物質を変えて行う2次除菌の成功率は70〜80%とやや下がります。
それでも除菌できない場合は3次除菌を行う(3次除菌は保険適応ではありません)または何もせずに経過観察を行います(2次除菌まで行うと強力な抗生剤などの副作用により、下痢や薬疹が出る方がおられます。
このような方は無理に3次除菌まで行わない場合がほとんどです)。

 

除菌不成功となる因子としましては

 

耐性:抗生剤に対する耐性が増えており、これまで風邪などで同じ抗生剤を内服し続けた場合、ピロリ菌が耐性を獲得している可能性があります。

アドヒアランス:患者様が飲み忘れせずに1日2回7日間内服できるかどうかです。

喫煙:喫煙は胃粘膜血流を低下するため、抗生剤の血中濃度が低下し、十分に効果が得られないことが知られています。除菌中は禁煙です。

飲酒:特に2次除菌中はメトロニダゾールとの相性が非常に悪く、腹痛・嘔吐・ほてりなどの症状が現れることがあります。除菌中は禁酒です。

 

 

ピロリ菌検査・ピロリ菌除菌の自費診療について

保険診療上は、

 

・内視鏡検査により pylori感染胃炎を疑う

・pyloriの感染診断を施行

・pylori陽性であれば除菌治療

の順で行うことに決められています。

内視鏡検査がされていない患者にH. pylori感染診断や除菌治療を行うこと、CAM耐性のチェックなしで初回除菌から二次除菌レジメから行う場合は自費診療の対象となります。
また、三次除菌や薬物アレルギーなどで、保険で認められたAMPC、CAM、MNZの3剤以外の薬剤を用いて除菌治療を行う場合は自費診療です。

 

ピロリ専門外来として、自費診療で対応する外来を設置して対応している施設もあります。
保険診療と自費診療を併用する「混合診療」を実施すると、本来は健康保険が適用される診療も含めて治療費全額が自己負担となるので注意が必要です。

 

当院を含め多くのピロリ専門外来では、

(1)1回目と2回目の除菌治療に失敗された方

(2)ペニシリンアレルギーなどで通常の除菌治療が受けることができない方

(3)中高校生で内視鏡を受けないで除菌を希望する方

を対象としております。