地下鉄あびこ駅より徒歩1
06-6115-7064
院長ブログ
インスタグラム

大阪市住吉区あびこ駅前の肛門外科

便秘の治療

Medical

便秘の治療

慢性便秘の治療は大きく分けて保存的治療と外科的治療があります。

保存的治療

  1. 生活習慣の改善:食事、運動、飲酒、睡眠など
  2. 内服薬による治療:いわゆる便秘薬・下剤で多くの種類があり、治療の中心となります。
  3. 外用薬による治療:坐薬や浣腸
  4. バイオフィードバック療法:機能性便排出障害に対し、人間の、不随意筋の働きによる通常では自覚・制御が難しい現象を、センサー等により検出して人間が感覚できる音や光などに変換し対象者に自覚させ、その利用により排便障害を意識的に制御する技術、技法です。

外科治療

主に器質性便秘に対し行います。

  1. 直腸瘤の手術
  2. 直腸重積・直腸脱の手術
  3. 骨盤臓器脱に対する手術
  4. 結腸切除、人工肛門造設等(大腸がん・潰瘍性大腸炎・クローン病など)
  5. 順行性洗腸法