地下鉄あびこ駅より徒歩1
06-6115-7064
院長ブログ
インスタグラム

大阪市住吉区あびこ駅前の肛門外科

大腸カメラ検査の特徴

Medical

当クリニックの大腸カメラ検査の特徴

痛みのない、苦しくない検査

カメラの挿入時に大腸が伸びると痛みが生じます。挿入時はできるだけ大腸を伸ばさず・広げないようにする「軸保持短縮法」で、患者様に痛みがないように心がけております。

 

おなかの張らない炭酸ガスを使用した検査

挿入時は腸を広げないようにしますが、逆に観察時は盲腸まで到達後、カメラを抜きながらのポリープやがんを見逃さないように、大腸を膨らませる必要があります。通常は空気で広げる施設が多い中、当院では空気よりも体内吸収の良い炭酸ガス(二酸化炭素)を送気することで、患者様の検査中・検査後のおなかの張りによる苦痛を軽減します。

 

麻酔を使った、眠って大腸カメラ

上記のように挿入法や炭酸ガスを使用し苦しくない方法をとりますが、初めて大腸カメラをされる方や前回の検査でつらかった方をはじめ、不安や緊張がありますと検査自体がやりにくくなり、苦痛に感じる場合があります。当院ではできるだけリラックスして検査できるように静脈麻酔を使用し、少し眠った状態で検査を受けていただけます。

 

大腸ポリープあれば、同時に切除可能(日帰り大腸ポリープ切除手術)

大腸ポリープが見つかった場合、大きさなどにもよりますが、同時に切除できるので、改めて内視鏡検査をしていただく必要はございません。ただし、2cmを超える大きなものや大腸がんを強く疑う病変、ポリープ切除のリスク(出血リスクなど)のある患者様は、入院治療のできる病院をご紹介させていただきます。

詳しくは日帰り大腸ポリープ手術

 

検査後は落ち着きのあるリカバリー室で休んでいただけます。

検査後は麻酔薬を使用した方は眠気が落ち着き、おなかも少し落ち着いてから帰宅していただきます。眠る麻酔薬を使用していない患者様でも、検査後は少し緊張がとれ全身が疲れる場合もあるので休んでいただくことも可能です。リカバリールームは落ち着きのある色合いで、半個室になっており、リラックスして休んでいただけます。

 

最新鋭の内視鏡カメラシステム

FUJIFILMの最新鋭内視鏡システムを導入しており、どんな病変も見逃さないようにします。

 

感染予防に考慮した安全な検査

当院ではFUJIFILMの過酢酸による高水準消毒が可能な最新の自動内視鏡洗浄システム(ENDOSTREAM®)を導入しております。これは大阪市胃がん検診(胃内視鏡検査)にも対応した自動洗浄器です。「消化器内視鏡の感染防御に関するマルチソサエティ実践ガイド」に準じ洗浄、消毒、乾燥、保管をしております。