地下鉄あびこ駅より徒歩1
06-6115-7064
院長ブログ
インスタグラム

大阪市住吉区あびこ駅前の肛門外科

日帰り大腸ポリープ手術

Medical

日帰り大腸ポリープ切除

当院では、大腸内視鏡検査の際、大腸ポリープが見つかった際には、同日にポリープ切除術を行い、基本的には入院する必要はございません。
大腸ポリープ切除時は電気を流し、焼きながら切除を行うのが基本でしたが、この方法はどんなに注意をしても、1-2%程度の後出血のリスクがあります。近年、大腸ポリープを焼灼せずに切除する『Cold snare polypectomy』という方法で切除することにより、出血リスクを下げることができ、この方法を積極的に行っております。
またポリープが大きい、抗凝固剤内服中で中止できない方、他の病気でリスクが高い、全身状態が悪い、前処置薬(腸管洗浄液)が飲めない方などは入院施設のある連携病院へご紹介させていただく場合があります。

大腸ポリープの切除方法

ポリープの形状・大きさにより下記の方法で切除しております。

  1. ポリープ切除術(ポリペクトミー)

    内視鏡先端のスネアでポリープをつかみ、切除します。

  2. 平坦型ポリープの場合:内視鏡的粘膜切除術(EMR)

    粘膜に薬液を注入し、粘膜を持ち上げ、隆起させます。あとはポリペクトミーと同じです。
    *切除した粘膜欠損部や出血した場合、クリップで閉じる場合があります。クリップは粘膜治癒とともに脱落します。

注意点

大腸ポリープを切除した後は少ないとはいえ、出血のリスクがあるので2週間程度は海外などの遠方への出張・旅行、血圧が上がるような運動、血管が拡張するアルコール摂取は控えてください。