地下鉄あびこ駅より徒歩1
06-6115-7064
院長ブログ
インスタグラム
   ライン

大阪市住吉区あびこ駅前の肛門外科

消化器内科

Medical

消化器の急性期症状で多いのは腹痛、嘔吐・吐き気、下痢・便秘などです。

診察では、問診、視診・聴診・触診などが中心となりますが、医師が詳細な検査が必要と判断すれば、血液検査、レントゲン、腹部エコー検査、便培養、内視鏡検査などを行います。

 

特に食道・胃・十二指腸・大腸などに病変が疑われる場合は、内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)によって、原因を調べます。

 

胃カメラはこちら

大腸カメラはこちら

 

 

 

便秘・便通異常外来と重なる症状もありますが、腹痛の場合、痛みの場所やその強さ、空腹時、食後などによって疾患が違います。

他にも以下のような症状があれば、一度受診ください。

  • 腹痛症状のいろいろ:胃(上腹部)が痛い みぞおちが痛い 右季肋部(肋骨の下)が痛い、食後に痛い、空腹時に痛い、下腹部が痛い、右下腹部が痛い、左下腹部が痛い、鈍痛がある、おなか全体が痛い、背中が痛い、胸やけがある(胸のみぞおちまたは背部が痛む)など
  • 他の腹部症状:胃もたれ、吐き気、嘔吐、食欲がない、体重が急に落ちた、急な便秘・下痢、血便が出た、顔色が悪いと言われる、など
  • 腹痛でも泌尿器疾患(尿管結石や尿閉など)や婦人科疾患(子宮筋腫・内膜症、卵巣疾患など)でもあります。

 

 

消化器の主な対象疾患

食道:食道がん、逆流性食道炎、食道カンジダ症、バレット食道、食道静脈瘤など

:胃がん、胃ポリープ、急性胃炎、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染症、機能性消化管障害(FD)、胃アニサキス、胃粘膜下腫瘍、胃静脈瘤など

小腸・大腸:大腸がん、大腸ポリープ、感染性腸炎(カンピロバクター、O-157等)、急性腸炎(虫垂炎、憩室炎、虚血性腸炎など)、便秘症、下痢症、過敏性腸症候群(IBS)、クローン病、潰瘍性大腸炎など

肝胆膵:肝がん、胆嚢がん、膵がん、脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、胆石症、胆嚢炎、胆嚢ポリープ、急性膵炎、慢性膵炎など