地下鉄あびこ駅より徒歩1
06-6115-7064
院長ブログ
インスタグラム

大阪市住吉区あびこ駅前の肛門外科

胃カメラ検査の特徴

Medical

当クリニックの胃カメラ検査の特徴

オエッとなりにくい経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡(ファイバー先端径5.8mm)により、舌の根もと直接当たらないようにすることで、咽頭反射(オエッとなる)が少なくなります。麻酔薬(眠る検査)を使用しなければ、検査中に自身の胃をリアルタイムに一緒に見ることができ、会話も可能です。

 

麻酔を使った、眠って胃カメラ

経鼻内視鏡は経口内視鏡に比べれば楽にはできますが、それでも辛かった方や鼻腔が狭いなどで経鼻内視鏡ができない方、初めての胃カメラ方で不安や緊張がある方などはできるだけリラックスして検査を受けていただくために、「麻酔を使った、眠って胃カメラ」をお勧めします。挿入法は経鼻または経口いずれでも選んでいただけます。

詳しくは胃カメラとは

 

当検査後は落ち着きのあるリカバリー室で休んでいただけます。

検査後は麻酔薬を使用した方は眠気が落ち着き、おなかも少し落ち着いてから帰宅していただきます。眠る麻酔薬を使用していなくても、検査後は緊張がとれ少し疲れる場合もあるためゆっくり休んでいただけます。リカバリールームは落ち着きのある色合いで、半個室になっており、リラックスして休んでいただけます。

 

最新鋭の内視鏡カメラシステム

FUJIFILMの最新鋭内視鏡システムを導入しており、どんな病変も見逃さないようにします。

 

感染予防に考慮した安全な検査

当院ではFUJIFILMの過酢酸による高水準消毒が可能な最新の自動内視鏡洗浄システム(ENDOSTREAM®)を導入しております。これは大阪市胃がん検診(胃内視鏡検査)にも対応した自動洗浄器です。「消化器内視鏡の感染防御に関するマルチソサエティ実践ガイド」に準じ洗浄、消毒、乾燥、保管をしております。