〒558-0013大阪市住吉区我孫子東2丁目7番38号 クリニックステーションあびこ 4F

地下鉄あびこ駅より徒歩1

06-6115-7064
WEB
予約
院長
ブログ
Instagram LINE

大阪市住吉区あびこ駅前の肛門外科

ブログ

Blog

帯状疱疹ヘルペスウイルス ー帯状疱疹は皮膚だけの疾患ではない!ー

帯状疱疹は胸や腹部、腰、顔面など片側に広範囲にできる水疱や湿疹、痂皮を帯状疱疹と思っておられると思いますが、実は皮膚以外の所にも発症します。肛門もそうですが、粘膜をはじめあらゆる臓器などで発症します。このことは一般の方だけでなく医者も知らない方が多いです。皮膚以外の症状を別表でまとめました。最近ではジャスティン・ビーバーがRamsay Hunt症候群といってこのウイルスが原因で起こる顔面神経麻痺になったことで有名ですね。胃腸症状としては胃痛、胃もたれ、むかつき、みぞおちの痛み、つかえ感、食欲低下、便秘、下痢、腹痛、腹部膨満、ガスが多い、すっきり便が出ない(残便感)などがあります。肛門症状では肛門痛をはじめ痒み、粘液が付く・湿った感じ、便が漏れる感じ、違和感、残便感、出血などがあります。また肛門症状(痔など)とともに便通異常も同時に起こしことも多いです。痔核や裂肛・痔瘻などは便通異常(便秘・下痢)が原因で発症すると一般に言われておりますが、実際はヘルペスウイルスが原因で便通異常と肛門症状が同時に起こっている可能性もあります。

しかしながらこれらの症状が帯状疱疹ヘルペスウイルスで本当に発症しているかどうかを確認する検査法が現在の所ほとんどありません。例えば目視できる皮膚の水疱部分を採取して抗原検査やDNA検査して診断する方法がありますが、水疱など見える炎症部分がなく、まして内臓などの部位の検体採取は侵襲を考えるとほぼ不可能です。また血液検査で抗体検査法がありますが、既往感染の方がほとんどであるため、ほぼ全員が陽性となるのと、また抗体陽性とわかってもその症状が果たして帯状疱疹ヘルペスウイルスからの発症であるのかは証明できません。結局のところヘルペス発症を疑う患者に抗ヘルペスウイルス薬を投薬して、湿疹や疼痛や別表のような胃腸症状が改善するかどうかで判断することになります。ただし、発症して慢性症状(昔からの便秘や慢性疼痛など)の場合は、抗ヘルペス薬を内服してもあまり改善しない場合が多いです。

「痔の日帰り手術」と麻酔を使った「胃カメラ」「大腸カメラ」のクリニック 医療法人村山会 『むらやま大腸肛門クリニック』

肛門外科 / 内視鏡内科 / 消化器内科 / 内科
Osaka Metro 御堂筋線「あびこ駅」1・2番出口すぐ JR阪和線「我孫子駅」駅より徒歩9分